2017年05月19日

使い方と利用方法

ベジセーフの使い方はいたって簡単です。

まず、野菜や果物全体に直接スプレーします。
汚れが気になるものワックスや「展着剤」が使われていそうなものはそのままの状態で
約1分放置すると効果的です。

次に、野菜や果物の表面を軽くもんで
スプレーしたベジセーフをすみずみまでいきわたらせます。

最後に水道の水で数秒すすぐと、農薬や有害物質が野菜や果物から剥がれ落ちます。


お米の場合には、米全体に直接スプレーしそのお米をかきまぜ
汚れた水を捨て、水道水でいつものようにお米をといで、炊くだけでごはんがおいしく炊き上がります。

また、ベジセーフはアルカリ性の水素水なので、野菜や果物の酸化や変色を防いでくれます。
なのでベジセーフで洗った野菜や果物の鮮度は落ちにくく、

残ったりんごやアボカドの切り口にひとふきしておけば変色せずに翌日でもおいしくいただけます。

ベジセーフの除菌力は、赤ちゃんが大好きなおもちゃの消毒にも最適です。
消毒液や消毒ペーパーなどがあるものの、アルコール成分が入っている場合もあるので、
なんでも口に入れてしまう赤ちゃんのおもちゃには使いたくありません

ベジセーフなら口に入れても安心なアルカリ性イオン水なので
おもちゃの除菌や洗浄にも安心なんです。

食材の添加物の除去や、除菌するだけではなく食材そのものがおいしくなる
野菜洗いの専用水「ベジセーフ」をこの機会に試してくださいね。

➡ベジセーフの使い方についてはこちらもご覧ください。




posted by ベジセーフ at 00:00| ベジセーフという野菜洗い専用水について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする